HPを作るならアメブロ?ワードプレス?

こんにちは!Connect.の渡邊優です。

今回は「HPを作るならアメブロ?ワードプレス?」というお話です。

私もはじめはHPを何で作ったらいいのかわからず、ペライチ、wix、アメブロ、ワードプレスを全部使ってみました。その経験+マーケティングの観点も踏まえてどの媒体がいいのかお話します!

結論:ワードプレス

いきなり結論教えちゃうんですね(笑)

そういう性格なんです(笑)

結論を言えばHPはワードプレスで作った方が良いです。

ただしこれは個人事業主~小規模企業向けの話になります。

中規模~大企業レベルの顧客データ量、その他データ量であればワードプレスでは不足する部分が出てくると思われます。

最近では起業する個人が増えてきたため、特に個人の方は

そもそもHPは必要なのか?
作るとしたらどの媒体を使うのか?

の2点が悩まれるところではないでしょうか?

今回はこの悩みを解決する記事となります。

HPは必要か?

これは、人によって異なります

【HPが必要な人】
・法人
・B2Bビジネスをしている人
・メニュー表を提示したい人
・高額商品を扱っている人
・全国に潜在顧客がいる人

【HPが必要でない人】
・地域密着型ビジネスをしている人
・そんなに稼がなくても大丈夫な人
・ターゲットがインスタやTwitter等のSNSユーザーの人
・規模を拡大することがない人

HPが必要な人はなぜ必要なのか?

・法人
HPがない法人はほぼないのではないでしょうか。法人の場合は信用性が特に求められるので、HPすらない法人は元々人と人で繋がって成り立っている場合を除いて最初から違和感が生まれるきっかけになってしまいます。

・B2Bビジネスをしている人
法人でなくても個人事業主の人でもB2Bビジネスをしている人は人からの紹介が強い人を除いて新規顧客獲得のためにHPが必要になってきます。

・メニュー表を提示したい人
メニュー表はHP以外ではかなり見にくくなります。美容院やネイルサロン等のマッチングサイトはメニュー表も見やすいし、クーポンも見やすいのでいいですが、それでもマッチングサイトではなくオウンドメディアを作って育てた方がいい理由は、「広告の出しやすさ」に関係があります。
今はマッチングサイトに掲載する事業者数が増えすぎていて、かなり高額な広告費を払っても上位に検索されないという状況になってしまっています。
さらに、マッチングサイトでは安さ(クーポン)を求めている層が集まってくるので、初回割引クーポン巡りをしている人達が多いのが特徴です。
事業者にとって本当に大切な顧客はリピートをしてくれたり口コミをしてくれる人です。他社メディアや広告に頼ると、ここのミスマッチが起こってしまいます。

・高額商品を扱っている人
高額商品を扱っている人は、いきなり購入されるということはまずなく、まず知ってもらって、そこから興味をもってもらえるようにアプローチし、購入へと繋げていきます。その時の入口がSNSだったとしても、興味を深めてもらう過程でHPやLPが必要になってきます。

・全国に潜在顧客がいる人
オンライン化が進んだことで全国どこに住んでいる人でも顧客に成り得る事業者が増えてきました。そんな時、入口として大切になるのがHPです。上記の「高額商品を扱っている人」でも書きましたが、入口がSNSだったとしてもそこからHPで深く自分の商品(サービス)について、自分自身(自社)について知ってもらうためにはやはりHPが有効です。大切なのは「HPだけ」「SNSだけ」ではなく、うまく繋げること戦略的に導線を考えて使うことです。

HPの必要性を考える時、そもそも「HPを作る目的」を考えるとわかりやすいです。

HPを作る大目的は「潜在顧客・見込客へのアプローチです。

HPは本来、まだ出会っていない=まだ自分でアプローチできていない潜在顧客へのアプローチを可能にするものです。リアルの出会い、紹介が強いのはIT化が進んだ今でも変わりませんが、紹介が生まれる人は限られています。人に依存する仕組みを強くするのか、人以外に依存する仕組みを強くするのかという観点で見ても、よっぽど紹介・口コミが強くない限り人に依存する仕組みだけでは危ないです。

また、HPをうまく活用することで「本当に人がやるべき仕事」に人が集中できるようになります。それがHPを活用する価値ではないでしょうか。

どの媒体を使うべきか?

これは最初に結論をお話した通り、WordPress一択です。

ただし、起業初期等で予算がない人は、一番最初はWix等の無料HPを使うこともいいと思います。なぜなら、最初から「かっこいいHPを作る」「株式会社を設立する」という「ハード面」を整えることよりも「ビジネスモデルを確立させる」「顧客を獲得する」といった「ソフト面」を固めることが重要だからです。

無料HPを作って、利益が出るようになったらドメイン料やサーバー代を払ってWordpressでHPを作る。そういう流れをおすすめします。最初に作ったHPが理想形になることはないので、無料のものでHP作りを把握するという意味でもいいです。

ただ、ある程度カタチになってきて、本気でビジネスをする覚悟があるのなら、外部の無料サイトはやめましょう。WordpressでHPを作りましょう。

なぜなら「オウンドメディアを持つため」です。

Wixでもオウンドメディアを作れますが、使える機能がWordpressに比べて圧倒的に乏しいのと、HPを見ればWixで作っていることが一瞬でわかるので「この人はWix(無料)でHPを作っているのか」ということも一瞬で相手に伝わります。

オウンドメディアを持とう

HPを持つならオウンドメディアを持つことをおすすめします。

オウンドメディアとは最近よく聞くワードかと思いますが、「自社で保有するメディア」の総称のことです。自社で運営・情報発信を行うブログのようなサイトのことです。

同じブログや情報発信でも、アメブロやSNSはそのもの自体の運営は各運営会社がやっているため「オウンドメディア」ではありません。

また、Wordpressで作られたHPであっても、他者(他社)に所有権があるHPに自分のブログを掲載している場合等は「オウンド」=「自分の」ものではないのでこれも違ってきます。

自分が運営できる情報発信サイトを持つことが大切です。

なぜか?

「オウンドメディアを持つこと」=「自分のメディア資産を持つこと」になるからです。他者(他社)が所有するメディアに掲載していてもそれは「他者(他社)のメディア資産」になっています。

また、特に女性はアメブロユーザーが多いですが、アメブロだとHPのように使うこともできますが、できるカスタマイズがかなり限られます。そして、アメブロ側が仕様変更をしたり、もしアメブロに変わるブログサイトのブームが来てアメブロを見る人が減ってしまった時、対応できなくなってしまいます

元々自分がアメブロユーザーだったり、周りの先輩起業家に勧められてアメブロを使っている人は、「アメブロをどれだけ頑張っても全く自分の資産にはならない」ということを考えましょう。自分のドメインでサイトを作り、そこのブログを育てていけば自分のドメインの価値は上がります。何事も無料と有料は差があるから無料のものは無料レベルなのです。

ここらへんをあまり考えずに他社媒体を使って情報発信している人が多いです。「HPだけ」ではなく「SNSとHPの組み合わせ」等、単品で考えるのではなく全体のマーケティング戦略を考えることが大切です。要は、導線を考えられているかどうか、導線を作れているかどうかが大切です。

 

今回の記事で「HPは必要か?」「HPを作るならどの媒体がいいか?」という悩みが解消ましたでしょうか?

導線の作り方に悩んでいる方は是非お気軽にお問い合わせください★

コメント

タイトルとURLをコピーしました